ブログトップ | ログイン

blessing Hill

megumonji.exblog.jp

『フラーがぼくたちに話したこと』

フラーがぼくたちに話したこと

めるくまーる


夏休みにピッタリな本です。
バックミンスター・フラーについては「宇宙船地球号」という概念を提唱した人、
ぐらいのことしか知らないのですが、
フラーが子供たちに向けて語っているので
わかりやすい説明が多いです。

子供たちが納得していても、
わたしにはちょっと難しいと感じる部分もありますが(笑)

冒頭にはフラーの人物像の解説がついていて、
フラーが32歳で、自殺しようとしたときの出来事が
印象的でした。
死に直面した彼に突然訪れた意識状態は
その後の人生を大きく変えたものだったそうです。

突然バッキーは、彼の苦痛のほとんどが、
自分自身ではそう感じたり直感したりしていないのに、
ただ他人が信じろと言うことを信じようとしたことから
生まれてきたものであることを理解した。
意識の変化にはまだまだ続きがあるのですが、
このときから、彼は既成概念にとらわれない革新的な思想を
人生を通して示し続けていったということです。

by megumonji | 2010-08-15 17:57 |
<< 『縄文聖地巡礼』 土鈴 >>