ブログトップ | ログイン

blessing Hill

megumonji.exblog.jp

『乾山晩愁』

乾山晩愁 (角川文庫)

葉室 麟 / 角川グループパブリッシング


先日、美術館で買ったポストカードの急須が気に入って、
乾山について少し調べていました。

乾山は尾形光琳の弟で、
この小説では兄の光琳が亡くなった後の晩年の日々が舞台になっています。

光琳が絵付けをしていたこともあり、天才だった光琳亡き後、
どのように生きたのか
気になるところです。

時代的には赤穂浪士の討ち入りから何年か経って、
いまだに世間の記憶に新しいというくらい。

あらすじとしてはシンプルですが、
江戸時代の絵師を取り巻く諸事情が
興味深くて、
今でいうならばデザイン集団みたいな感じがします。

この文庫本は、
短篇集になっているので、
他の作品も楽しみです。

by megumonji | 2012-04-26 21:01 |
<< 今週のお花 たろうの成長 >>